学校法人セムイ学園 厚生労働大臣指定/愛知県知事認可専修学校

学園紹介/学園の特色

センパイVOICE

  • 在校生
  • 卒業生
  • 看護科
    大野さん
    県立岐阜商業高等学校(岐阜県)卒業

患者さんの不安や悩みに寄り添い、
心の支えになれるような
看護師になりたいです。

助産師として働く母の姿を見てきて、医療に携わる仕事に就きたいと思っていました。それから、医療ドラマが好きでよく観ていたのですが、病気や怪我で苦しむ患者さんを一番近くで支える献身的な姿勢、患者さんやそのご家族から感謝される姿に憧れて看護師になりたいと思いました。
セムイ学園の看護科は、少人数制で一人ひとりに目が行き届き、それぞれの個性に合った指導をしてもらえる学びやすい環境です。オープンキャンパスで感じたアットホームな雰囲気が好きで、わからないところはすぐに質問でき、先生と学生の距離が近いことが魅力だと感じています。
授業では先輩と一緒に実技練習を行う縦割り授業があり、先輩との交流の機会が多く仲を深めることができます。先輩と看護師役・患者役になり実践するのですが、先輩が自分の体験談を交えてアドバイスをくれるので、とてもわかりやすく、なんでも相談しています。また、グループワーク形式の授業が多く、チーム医療に求められる主体性が育まれます。
将来は、看護師になることが最終目標ではなく、生命の誕生に立ち会える助産師になることが目標です!そのためにも、看護師になるための勉強をして、看護師国家資格の取得をできるように日々、頑張っています。

  • 臨床工学科
    相川さん
    鳴海高等学校(愛知県)卒業

参加型の授業が多く、
臨床工学技士に近づいていく実感を
得られるのが嬉しいです。

漠然と医療系の仕事に就きたいと思い、調べている時に「医療機器のスペシャリスト」として臨床工学技士が紹介されていました。そこで初めて臨床工学技士の存在を知り、医師や看護師とは違った角度で患者さんと関われること、医療機器を通じてたくさんの患者さんの命を支えているということにやりがいを感じて、目指すことを決意しました。
セムイ学園を選んだのは、当時のオープンキャンパスで聞いた国家試験の合格率が3年連続100%という合格率の高さや気さくに話しかけてくれる先生方が多くアットホームな雰囲気が良かったから。ここでなら勉強を頑張れると思い、入学を決めました。
実際に入学してみて、入る前に感じていた通り、先生は優しくてわからないことはわかるまで熱心に教えてくれます。授業は座学だけでなく実習もたくさんあるので楽しいです。なかでも、ブタの臓器の解剖実習は印象に残っていて、教科書に載っている図だけではわからない実際の臓器を手にすることで、より構造への理解が深まりました。
1回の治療に何時間もかかる透析室では、患者さんと密接に関われるということを知り、将来は透析業務に携わりたいと考えています。話しやすい雰囲気でコミュニケーションを重ね、居心地の良い空間を透析患者さんにお届けできたらと思います。

  • 理学療法科
    柴田君
    同朋高等学校(愛知県)卒業

一人ひとりの状態や体調に合わせた
質の高いリハビリが行える
理学療法士になりたいです。

小中高とサッカーを長くやってきた中で、怪我をしたチームメイトがリハビリのおかげでまた元気にプレイしている姿を見て、スポーツで怪我をした人の復帰をサポートする理学療法士ってすごいなと思ったのが、理学療法士になろうと思ったきっかけです。
セムイ学園のオープンキャンパスに参加して感じたのは、先生方の温かみや親しみやすさです。とてもフレンドリーで話しやすかったので、「ここなら質問もしやすく、わかりやすく教えていただける」と思い、入学を決めました。さらに、名古屋駅からも近く、通学に便利!学校帰りの寄り道も楽しいです。
からだのつくりや筋肉、骨の名称など覚えることが山ほどあり大変ですが、クラスメイトでわからないところを教え合いながら、切磋琢磨しています。助け合う雰囲気があるからこそ、私も頑張ることができているのだと思います。さらに、教科ごとに先生が授業の要点をまとめたオリジナル教材「サブノート」のおかげで効率よく学ぶことができています。
大好きなサッカーにずっと関わっていきたいという思いから、将来はプロのスポーツチームに専属として就く理学療法士になるのが夢です。同じ肩痛や膝痛でも症状や原因は一人ひとり異なるということを実習で学びました。その人に合った適切なリハビリ方法を提供していけるようになりたいです。

  • 作業療法科
    平田さん
    豊明高等学校(愛知県)卒業

患者さんと信頼しあいながら
リハビリを進められる
作業療法士を目指しています。

高校生の時に作業療法の様子を見学する機会がありました。それまでリハビリはすぐに結果が出るものではなく、楽しくないことと思っていましたが、患者さんたちが笑顔でリハビリをする姿を見て、リハビリ職に興味を持ちました。そこで調べていくうちに、幅広い分野で活躍することができ、高齢化社会で需要が高まるだろうとされる、作業療法士に魅力を感じました。
国家試験の合格率の高さ、独自の「創作活動」や先生が授業の要点をまとめた「サブノート」など学校オリジナルの取り組みが良いなと思い入学を決めました。オープンキャンパスに参加した時にとても雰囲気が良く、普段の学校生活もこんな感じで楽しく過ごせそうだなと想像がふくらみました。
学生思いの先生方が多く、一人ひとり親身に向き合い、テスト前には放課後など授業外の時間でも指導してくださいます。そのおかげで、専門的で苦労した授業やテストも乗り越えることができました。また、学科全体で交流ができるイベントもあり、同じ目標に向かって厳しい中でも頑張ることができています。
将来は患者さんと信頼関係を築きながら「この人になら相談できる」と思ってもらえる作業療法士を目指して、コミュニケーション能力を磨いていきたいです。

  • 柔道整復科
    西川さん
    鳥取城北高校 (鳥取県) 出身

トレーナーの資格も取得し、
スポーツを愛する
すべての人たちに貢献したい。

柔道整復師を目指したきっかけは、高校時代にやっていたソフトボールでケガをした私を、親身になって治療してくれた接骨院の先生に出会ったことです。その先生の姿を見て、スポーツを楽しむ方々をトレーニング指導や施術などを通して多角的に支えていきたいと思うようになり、NSCA認定のパーソナルトレーナー資格も同時に目指せるセムイ学園を選びました。
柔道整復科は1学年30名の少人数制のため、学生一人ひとりに合わせたサポートで、確実に成長していける環境です。同じ夢を追いかける仲間たちとお互いに高め合う雰囲気もあり、学生と先生が一丸となって国家試験合格を目指しています。また、接骨院の先生やスポーツトレーナーとして、現役で活躍されている先生が多いので、現場での経験にもとづいた、生きた知識・技術を学べます。私もいつか、先生方と肩を並べられるプロフェショナルになれるようにがんばっています。

  • 言語聴覚科
    岩橋さん
    愛知大学(愛知県)卒業

時間の許す限り
質問に答えてくれる環境が
夢への後押しになる。

自分自身が大好きな食べることや話すことに障がいのある方たちの助けになりたいと思ったのが、言語聴覚士を目指すキッカケです。
実は弟がセムイ学園の卒業生で学校の雰囲気はなんとなく聞いていました。オープンキャンパスに参加し、先生方や在校生の優しくアットホームな雰囲気を実際に感じ、この学校ならしっかり勉強できると思い入学を決めました。
言語発達障害の授業では、校内にある訓練施設に通う子供たちを相手にした演習があり、目の前のお子さんとしっかり向き合う大切さを学ぶことができます。分からないことがあっても先生方は時間の許す限り丁寧に教えてくださり、疑問点を残さない学習環境が整っています。
将来は、患者さんの退院後や未来を見据えた治療を行える言語聴覚士になりたいです。また何十年も最前線で活躍できるように、常に新しい治療技術を学ぶ姿勢を持ち続けたいです。

  • 歯科技工士科
    上原さん
    春日井西(愛知県)卒業

実技を通して、
上達していく実感を得られる毎日!
練習を重ね、歯科技工の
腕を磨いていきたいです。

小さい頃から小物作りなど手先を使うことが好きな私を見ていた母から歯科技工士という職業について聞き、自分に合うのではないかと思い目指したのがきっかけです。さらに、歯科技工士という国家資格を手に入れるということにも心ひかれました。
私がセムイ学園を選んだ理由は、自分の興味ある分野について学ぶことができる選択制ゼミがあったからです。選択制ゼミではスポーツ歯科や化粧療法など歯科技工+αの技術を習得することができます。様々な分野を学べ、広い視野で将来について考えることができるというところに魅力を感じました。
授業では実習が多くありますが、落ち着いた雰囲気の中、一人ひとりが自分のペースで学習に取り組むことができるのが自分の性格とも合っています。クラウン技工の授業では、初めての金属鋳造で最初は火が怖かったのですが、出来上がったクラウンを研磨するとピカピカになったことに感動しました。また、石膏の棒に歯を彫刻しながら歯の形を覚えていく歯の形態実技の授業は、削る時の音や感触が好きで、だんだん上達していくことが見てわかるので、やりがいもあり楽しいです。
技工物は、患者さんの身体の一部となりこの先10年20年と長く使っていただく物。だから、決して妥協せず一つひとつ魂を込めて作ることができる歯科技工士になりたいです。患者さんの立場になり、喜んでいただける完璧な美しさの技工物を製作できるように練習し、技術向上を図りたいです。

  • 救急救命科
    山野さん
    白子高等学校(三重県)卒業

現場経験のある先生方から
テキストには載っていない
現場でしか見えないことを
たくさん学べます。

救急救命士を目指そうと思ったのは、被災地で活躍されていた消防隊や自衛隊の方々の姿をテレビや動画で見たことがきっかけです。迅速な応急処置や怪我をした人たちに懸命な救命処置を施している姿に私自身も「人命を助けたい」と使命感を抱くようになり、救急救命士の資格取得を目指せる学校に進学しようと決めました。
セムイ学園を選んだ理由はいくつかあります。まず参加したオープンキャンパスで学生と先生の距離が近いことを実際に見て、こんなアットホームな学校なら2年間楽しく頑張れると思えたこと、手厚い国家試験対策で合格まで導いてくれる面倒見の良さがあったからです。そして、愛知県でセムイ学園だけが2年間で卒業できることも大きなポイントでした。
入学してみると、先生と1対1で質問しやすい環境にあるのでわからないままで次へ進んでしまうということがありません。また、先生方は学生一人ひとりの性格をよく理解してくださり、その人に合った勉強方法のアドバイスをくださるので、とても心強いです。
シミュレーション実習の授業では、元消防官の先生の現場さながらの細かい指導の下、即戦力として活躍できる力を身につけることができます。また、気管挿管や静脈路確保の実習をしている時は、救急救命士を目指しているという実感がわいてきます。
将来は、どんな現場でも冷静な判断力と柔軟に対応ができる救急救命士になりたいと考えています。そして、一人でも多くの命を救えるようにしたいです。

東海医療科学専門学校

看護師

関口さん
総合病院(愛知県春日井市)ICU勤務

希望していたICUに入職。
急性期を学び、将来は認定看護師を目指したい!

看護師になろうと思ったきっかけは何ですか?

進路について考えた時に「国家資格を取得したい」「人の役に立つ仕事がしたい」と思い、医療職について調べ始めたのがきっかけです。医療職もいろいろありますが、なかでも看護師は対応する患者さんの年代や業務内容の幅が広いこと、一番近くで患者さんの状態を把握できる存在であることに魅力を感じ、看護師になりたいと思いました。また、診療科はもちろん、医療機能(急性期・回復期・慢性期など)も様々あるため、幅広いキャリアに挑戦できるのも魅力だと思いました。

仕事のやりがいを教えてください

専門学校時代に実習でICU(集中治療室)の現場に出会い、急性期医療に携わりたいと考えていました。希望通りにICUへの配属となり、現在はバイタル測定や観察、医療機器類の異常の報告、清潔ケア、体位交換などを行っています。まだ入職して1年目なので、先輩方に教えていただくことが多いですが、患者さんのことを第一に考えて何かできる事はないかと率先してケアの提案をすることを心掛けています。また、ICUでは人工呼吸器などにより、せん妄状態を引き起こす場合があるため、積極的に声かけをすることを大切にしています。患者さんの頑張りに看護師、多職種が関わっていくことで笑顔が見え始め、日常会話ができるようになるなど快方に向かっていくことにやりがいを感じます。将来は、経験を積み勉強を重ねて「認定看護師」の資格を取得したいです。

専門学校時代の学びは、今どのように活かされていますか?

アクティブラーニングを取り入れた学習方法で主体性が身につき、アサーティブ・コミュニケーションの癖がついたことで周りとのコミュニケーションが円滑に行えています。主体的に調べて・考えるという学習姿勢が身についているので、疑問に思ったことはその場で質問したり、自分の範囲内でできる事を探して行動に移したりしながら一つひとつできることが増えました。また、放課後に自主的に居残って実技の勉強をすることができる環境もとても良かったと思います。先生方も指導に入ってサポートしていただいたので技術力がアップしたこと、リアルな看護現場の話が聞けたことは私の財産になっています!

受験生へのメッセージ

看護師に必要な知識や技術をアクティブに学びたい、身につけたいという方にはオススメの学校です。グループワークが多く、「人間力」を高められる環境も魅力的です。どこで学ぶかではなく、自分がどう学んで何を得るかが大切です!在学中に、患者さんのことを第一に考えて、当たり前のことが当たり前にできる力は身につけておくといいですよ。学生生活もプライベートも楽しみながら、理想の看護師を目指して頑張ってください!

臨床工学技士

恒川さん
総合病院(愛知県名古屋市) 臨床工学室 臨床工学課勤務

工学、医学の両方を学び、患者さんの役に立てる。それが最大の魅力。

臨床工学技士として、病院内で主にオペ室業務、透析業務に携わっています。
手術室に入るオペ室業務では、手術中の患者さんの血液の回収などを行います。最初にオペ室に入った時は、何が行なわれていて、自分が次に何をして良いかわからないことも多かったですが、一年ほど経験したことで、今はかなり慣れて手際よく業務を行うことができるようになりました。
業務の8割を占める透析業務は機器の設定などを通して、患者さんと直接触れ合える場面です。透析には様々な症状の患者さんが訪れます。やっぱり患者さんの状況が透析により改善されていくのを見られるのが喜びです。患者さん個人に合わせた透析ができるようにと心掛けています。

理学療法士

伊藤さん
総合病院(愛知県海部郡)リハビリテーション科勤務

一歩一歩患者さんとの信頼関係を築いていきます。

患者さんと日々接する中で、いろいろなことを教えられています。ケガの完治や社会復帰を任されているのですから、責任も強く感じます。リハビリでは患者さんの病状や身体機能、精神面などを評価し、より有効的な治療プログラムを考えていきます。知識や技術はもちろんですが、患者さんのことをしっかりと見て、信頼関係を築くことが第一歩。なによりも大切にしているのはコミュニケーションです。患者さんはそれぞれに不安や悩みを抱え、入院しておられます。そんな入院生活が少しでも楽しく充実したものになるようにも心がけています。元気になられ、そして自宅や社会へと復帰される時には、感動や喜び、やりがいを強く感じることができます。

作業療法士

杉浦さん
総合病院(愛知県豊川市)リハビリテーション科勤務

セムイ学園で教えられた患者様一人ひとりの「個性」の大切さを現場でも実感しています。

患者様一人ひとりに寄り添うことは、簡単なことではありません。そんな時、私を支えてくれるのは、学校で教えられた「個性」ということです。例えば「手作りリテーション」の授業では、同じものを作っても、人それぞれに違うものができます。同じ疾患を持った患者様でも、症状や悩みはそれぞれに違います。その悩みを一つ一つ乗り越えていく患者様に寄り添い、日々回復していく姿を実感した時、この仕事のやりがいを強く感じます。そして、「いつもありがとう」と感謝していただけると、心から嬉しい気持ちになります。私たちの仕事は、人と関わる仕事です。患者様はもちろん、そのご家族や他の職種のスタッフなど、人と人との信頼感が大切になります。

柔道整復師

中村さん
整形外科クリニック(愛知県岡崎市)勤務

スポーツに関わる仕事がしたいと、この道に進むことを決意!

小学生の頃からプロ・サッカー選手を目指していましたが、中学生の時に大きなケガをした際にリハビリで柔道整復師と出会ったのがこの仕事を目指すきっかけになりました。
東海医療科学専門学校では、業界を代表する柔道整復師の先生が多くいらっしゃり、症例の多さはもちろん、解剖知識も豊富で、筋肉を触り分ける力が素晴らしく、学生時代にはとても勉強になりました。
働き始めてからは、患者さんの痛みやケガが徐々に回復していく姿を見ることが一番のやり甲斐です。また、ギブス固定などができることからどんどん任せていただける環境なので、日々成長していることを実感しています。

言語聴覚士

西脇さん
総合病院(愛知県北名古屋市) リハビリテーション科勤務

仕事の本当の意味がわかるのは現場に出てから5年後だとあらためてかみしめています。

言語聴覚士として、今年で臨床8年目を迎えました。この数年学生の時の実習でお世話になった先生の言葉を改めて思い出しています。それは、「この仕事の本当の意味がわかりかけてくるのは、働きはじめて5年以上たってからです、現場に出て5年後、あなたが言語聴覚士になるのだと決めた理由をもう一度思い出して下さい。そして、その思いに本当に近づけているかを考えてみなさい」という言葉です。
まだまだこの仕事の奥深さにとまどうことも多く、自問自答の毎日です。しかし、つねに初心を忘れないことを大切に心に刻んで患者さんと接しています。リハビリで回復していく患者さんの笑顔と「ありがとう」の言葉は、いつも私に勇気を与えてくれます。

社会福祉士

伊藤さん
コミュニティソーシャルワーカー(CSW)

この街に暮らして良かったと思える地域にしたい。

地域の皆さまや行政、関係機関と協働して、「住みやすい街づくり」に取り組んでいます。多くの方々との協力が不可欠な仕事のため、顔の見える関係づくりを意識しています。自分の住んでいる街を暮らしやすく変えていけることはやりがいのひとつ。1人でも多くの方が、この街で暮らして良かったと思える地域づくりをしていきたいです。

社会福祉士

飯島さん
職種 医療ソーシャルワーカー(MSW)

伝えることの難しさを痛感。
患者さんやご家族により良い支援をしたい。

私は高度急性期病院に勤務し、医療ソーシャルワーカー(MSW)として外来患者さんとそのご家族に接しています。 業務では伝えることの難しさや言葉の選び方に苦労しています。 また多くの社会保障制度があり、どの制度が患者さんにとって有益かを判断しなければいけない難しさも感じています。これから多くの患者さんとご家族との出会いがあると思います。様々な相談を受ける中で、患者さんやご家族により良い支援ができるように、自己研鑽に努めていきたいです。

東海歯科医療専門学校

歯科技工士

大畑さん
総合病院(愛知県丹羽郡)勤務

患者さんの役に立てることを感じ、毎日が充実した日々です。

歯科技工になろうと思ったきっかけは何ですか?

進路を迷っていたときに自分の得意なことを考えたら、細かなことをするのが好きだったことを思い出しました。
そこで歯科技工士という仕事を知り、まずはオープンキャンパスに参加してみようと思いました。
東海のオープンキャンパスに参加してみて、体験実習が楽しかったのと、職場見学で技工士さんが自分の手で補綴物を作る姿を見て感動し、この仕事を目指そうと決心しました。

仕事のやりがいを教えてください。

私は総合病院の歯科口腔外科に就職しました。
テック、コア、インレー、クラウン、ブリッジ、義歯修理など幅広く携わることができます。
全てを自分が最初から最後まで製作するので、「自分が作ったんだ!」よいう達成感があります。
また、病院ということもあり、急ぎで義歯修理と頼まれることもありますが、患者さんのために自分が役立てていることを身近に感じられることが、一番のやりがいだと思います。

今後の目標は?

今は先輩にいろいろ教えてもらいながら仕事をしていますが、自分で考えて自信を持って補綴物を製作できるようになりたいです。
また、卒業して勉強が終わりではなくて、現場に出てから勉強することがたくさんあります。
分からないことは自分で追求し、毎回自分の製作物の質を向上できるように日々努力していきたいです。

東海医療工学専門学校

救急救命士

中路さん
名古屋市消防局勤務

「救える命を救いたい。」常に向上心を持って励んでいます。

 私が小学校の時に祖父が脳卒中で倒れた時に、救急隊の方が迅速に対応して助けてくれました。また高校時代には、私自身が野球の試合中に頭を強く打って意識不明になり、救急隊の方に助けてもらいました。これらの体験がきっかけで救急救命士を知り、東海医療工学専門学校へ進学しました。 私が卒業する年は国家試験の内容が大きく変わり合格率が大幅に下がりましたが、教科書を繰り返し読み、学校の先生方のサポートも受けて猛勉強することで無事合格することができました。
消防官になると、まず消防学校で初任科教育を受けますが、ここで自分の体力のなさを痛感します。振り返ってみると体力強化のため、ひたすら走っていた記憶しかありません。その後、体力はつきましたが体重が10キロ近く減りました。
消防署に配属になると、24時間勤務(昼・夕の食事休憩各1時間、仮眠休憩6時間程度を含む)に慣れるのに時間がかかりました。初めて火災現場に出動した時は見たことのない大きな炎を目前にし、恐怖感を覚えました。
現在は消防業務と救急業務を兼務しています。救急救命士の特定行為(器具を用いた気道確保や薬剤投与など)を行うには、救急業務を定められた期間だけ行う必要があります。まだまだ時間がかかりますが、高校時代からずっと「救える命は救いたい。」という強い気持ちを持っているので、将来的には救急救命士の特定行為ができるようになりたいです。
これから入学する人には、まずは体力が勝負なので、少しずつでも日々体力増強に努めて下さい。学校にあるトレーニング器具を活用するのもよいと思います。また消防署に勤務すると出動以外の時間が十分あるので、時間を有効に使い自己研さんに励んで下さい。常に向上心を持って頑張って下さい。